模型のある生活、そしてその奥深さ

私はずっと機動戦士ガンダムという作品群が大好きで、それがきっかけで「ガンプラ」と呼ばれる模型に触れました。

模型を始めて最初の内は説明書通りに組み上げるという「素組み」と呼ばれる組み方をしていたのですが、それだと自分だけの作品というオリジナリティが感じられない。

そこで思い切ってエアブラシを購入し、自分の好きな色に全塗装する事を試みました。

エアブラシ塗装は本当に奥が深くて、同じ色でも塗り重ねる回数や下地の色が違うだけで、全然違ってきますし、当然仕上がりにもダイレクトに影響します。

それはつまり、模型という物は手をかければかけるほど、自分の理想とする作品にどんどん近付けていく事ができるという事だと私は作成していく中で感じることが出来ました。

「ガンプラ」の良さは、原作に登場するそのまんまの色で塗装し組み上げる事はもちろん、工夫の次第によっては作品に登場しない、自分だけのオリジナルの機体を作成できる。

という点も大きな魅力です。

ただ、オリジナルの機体を作るというだけではなく、その機体はどのような物で、どんな人物が乗っていて……などと想像を巡らせながら組み上げるのも物凄く楽しいです。

私はまだまだ模型を始めたばっかりですが、これからもっともっと作成技術を突き詰めていき、いずれは多くの人を感動させる事の出来る作品を世に送り出せる。

そんなモデラーになりたいと思っています。