今日は、食事のデザートに実家で作っている農作物の果物を食べました。

今日は、今一番忙しい繁忙期なのですが、実家で作っている農作物の果物のしゅっかできないところを少し食べました。やっぱり毎年食べますが、みずみずしくて美味しいです。スーパーなどに運びだされる前に食べられるなんてとても新鮮だと思います。本当は切手からすぐに食べることが一番美味しいのですが、私達の口には出荷後何日も立ってから買うことになりますよね。それを省いて私は食べることができるのでとても恵まれていると思います。私は農家の生まれで本当に良かったと感じています。

特に食べ物の有り難みや作ってきた過程を知っているので、普通の一般家庭ではわからないようなことを知っています。この果物が出来るまでにこんなに苦労して時間をかけてそだててきたのだ、ということも知っています。人間の手作業でなければ出来ないことがあるということも十分知っています。そのあたりはやっぱり機会工場にはない、昔からの大切な過程があるので、これからも大事にしたいと思っています。私は今日食べた果物の味がまだ残っていて、今年はとてもみずみずしいな、こんなに暑いのにみずみずしく育つのかと思って農作物の強さを感じることが出来ました。これからも手伝って行きたいと思います。