御朱印収集始めました

数年前から世間では「御朱印ガール」というのが話題になっていますが、私も年齢50歳を超えて急に御朱印集めにハマってしまいました。何しろ悪いことが重なり過ぎたものですから。神頼みの気持ちに自然となったのだと自己分析しています。

勤めている会社も経営不振で給料は上がらず、長男は大学受験に失敗してからニートになってしまいバイトする以外は家でダラダラしていました。娘は高校を不登校になり援助交際で補導されました。さらに家内は重い病気になり入院しました。

もう全ての悪い出来事が、重なって私に攻めてきたような感覚でした。実際に仕事を終えても家に帰りたくなく、その癖お金がないものですから飲み屋に行くわけにもいかないので、ファーストフードのお店で100円のコーヒーを飲んで時間を潰していました。

そんな時、隣の席の若い女性が御朱印帳を開いて眺めている姿を偶然見かけて、自分の中で何か火が付く様な感覚がありました。霊感もないですし、スピリチュアルな感じではないのですが、これかもしれないという直感がしたのです。それからは休みの度に近所の神社から徐々に攻めて行って、段々と数多くの神社にお参りするようになりました。不思議なことに家の中の問題ごとが減っていたのです。